人生とは?

映画やビジネスを通して人生を見つめるブログ

猟奇的な映画のお話

みなさんこんにちわ^^

 

素直さ、無邪気さ、真っすぐさ、健気さ、恐れのなさ、生き生きさ、自分らしさ

 

そんな事を感じた映画猟奇的な彼女について書いていきます。

 

目次

 

 

結論、

彼女の人に媚びないけどどこか魅力的な感じが印象的だった。

そして、タバコをポイ捨てしている人がいたら全力でふざけるなと注意する真っすぐさは見ていてすがすがしかった。

その、この世知辛い世の中において道を踏み外している人を見つけると「目を覚ませ!」と言わんばかりの真っすぐさでぶつかっていく様は、自分の中にもそれはあるが出せずにいる歯がゆさを思い出させてくれる。誰しもがヒーローにあこがれた幼少期、間違った事をしている人がいても注意することを辞めてしまったのはいつからだろうか。

軸があると人は寄ってくる。

彼女の持つ真っすぐな軸に男は惹かれた。

 

自分軸について

自分軸、ありますか?

自分軸に沿って生きていますか?

自分軸は誰しもが持ち合わせているものです。

ただ、それにいつしか目を背けて生きる様になり、

あることさえ気づかずに生きている人がほとんどではないでしょうか。

 

三本の矢の話の様に、

同じ様な軸をもつものが集まればとても強力な組織が出来ます。

 

ミッションとビジョンを掲げる事により、似た人はそれに寄ってきます。

 そして、同じビジョンを見て生きれば、組織が出来ます。

 

映画の中の彼女のミッションやビジョンはなんだったのでしょう?

おそらく、「命を大切にする」とか、「死ぬこと以外はかすり傷」とか、

「本当の絆があれば多少のことで人は離れない」とか、なんかそんな事の様に感じました。

 

そして、「愛があるならどんな無茶ぶりにも答えてくれるはず」という彼女なりの方程式がある様にも感じました。そしてその方程式は最後までぶれずに使っていたので、やり抜いていたので、自分らしさとなって現れていたのではないでしょうか。

 

今後の人生にどうこの映画を活かしていくか

間違っていると思った事を「間違っていると思う!」と言う様な在り方で生きていきます。それを言った後どうなるか?という事を考えて、勝手に恐れて言えずにいた場面が今までの自分にはあったが、「あまり考えても意味がない」と、「結局なんとかなるから大丈夫」という信念を元に在れば「間違っていると思う!」は自然と言えると思います。

 

結論、

自分の生き方を見直させてくれるとてもいい映画なのでオススメです!!

 

猟奇的な彼女 (字幕版)

猟奇的な彼女 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

雨を楽しむ生き方の提唱

今週のお題「傘」

 

皆さんこんにちわ^^

今回は、

 

梅雨の雨はなかなか良い^^

 

というテーマで書いていきたいと思います。

 

今の時代、濡れるのが嫌だって思ったり、

雨なだけでテンションが下がる時って多いと思います。

「濡れてはいけない物をたくさん持ち歩いている」というのが、雨が嫌いな一番の理由ではないでしょうか。

次の理由が、その後濡れた服で長時間過ごさないといけないからだと思います。

濡れた服で仕事してたら風邪ひきそうですよね。

 

まあ、実際そうですよね。

パソコンとか書類とか持っていたら、濡れるのなんて絶対に嫌です。

誰しもがそうだと思います。

 

しかし、そこで提唱したいのが、「雨の日の散歩」です。

雨の日に、傘を差さずに、濡れてもいい恰好で散歩に行くことです。

結論から言うと、マジで気持ちいいです。

今まで嫌いだった雨、絶対に濡れたくないと思っていた雨が、

天からのシャワーの様に感じます。

ぶっちゃけ小雨なら足りない。降ってれば降ってるほどいいとさえ思ってしまう。

 

そして雨の中のランニングもめっちゃ楽しいです。

汗も全く気にならないし、

なんかいつもより速く長く走れる。

 

帰ったらすぐシャワー浴びればいいだけだし。

 

 

ただこれは夏や梅雨など温かい時期に限った話です。

冬の雨は話が別です。冬の雨は寒すぎるので、なるべく濡れない様に気を付けます。

サンダルはいたら足凍えてしまうし。

 

結論、「濡れてもいい」「濡れたい」って思って雨に飛び込むと、雨が良く見えるということを僕は言いたい。

そんなことを感じるようになったのは、映画「ミッドナイト・イン・パリ」を見てからかもしれない。この映画は"Paris is most beautiful in the rain"と言って、傘を差さずに雨の中を歩くシーンで幕を閉じる。雨って、なかなかいいですよ。

 

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)

  • 発売日: 2016/05/18
  • メディア: Prime Video
 

 

時間軸のパラドックス [映画:ルーパーを観て思ったこと]

みなさんこんにちわ^^

 

時間軸って考えれば考えるほど迷宮にハマっていく。

 

今回は「時間」という概念について、私が思うことを書いて行きます。

 

結論、出口がそもそもないので、考えずに生きる方が賢明なんじゃないか?って思います。

 

しかし、今回は敢えて時間軸について考えていきます。

 

・過去、現在、未来はつながっている?

 

・過去と未来は存在しない?

 

・過去、現在、未来は同時に存在している?

 

こんなことたまに本などでも見かけたことあるのではないでしょうか?

 

未来と過去、そして今。

 

僕なりの解釈を書いていきます。

 

例えば何か太古の文字盤を「今」発掘したとします。

 

私たちにとってその文字盤は単に「今」みつけたもので、

今初めて現実となって現れて、一応私たちの時間の流れに沿って考えて、

「過去」につくられたものだと当たり前の様に予想する。

 

ただ、文字盤の意味は「今」分からない。

文字盤の意味が分かるのは「未来」である。

 

「過去」のことが「未来」に明らかになる。

 

因果関係とよく言うが、

順番は時間軸の流れに沿って、

原因があって → 結果がある

 

ただこの文字盤の場合、

結果があって → 原因がある

という順番にならないだろうか?

 

そして、「未来」に「過去」が存在すると言い換えられるのではないだろうか?

 

更に派生すると、「今」に「過去」も「未来」もあるし、

 

「未来」に「今」も「過去」もあるし、

 

「過去」に「今」も「未来」もあると言えるのではないだろうか。

 

「今」しかないとよく言うが、

噛み砕くと、「今」の中に「過去」も「未来」も存在しているのだと思う。

 

 

そして、因果関係とは?

それは未来を予測していることになるのでしょうか?

 

これをやったらこうなるっていうのは、

こうなるっていう未来が決まっているということですよね。

 

でも、未来は誰にも予測できないとかよく言うし、

因果関係って本当に存在しているのでしょうか?

それとも、単なる確率論に基づく、果てしなく100%に近い概念なのでしょうか。

 

未来を100%予測するには、

予測する対象に対して100%の情報が必要です。

 

100%の情報というのは今現状、人間的には存在しないと思います。

宇宙を解明すれば100%の情報というのは存在しえると思います。

 

 

 

なんでこんなに考えてしまうのか?

 

答えが見えない議論、特に目的がない議論について、

ずっと考えているということは、

頭はずっと回転していますが、

実際の脳の意図としては、現状をKEEPしたいということ。

考え続けていれば、行動しないので、状況は変わりません。

目標を持って、行動しないと。

ずっと、考えてしまっているなって気付けたときはかなりチャンスです。

何のために考えているのか?その何のためというのが自分に重要な事なのか?

そこを見つめれば、考えることを辞めたり、もしくは目標をもって考えるということに

シフトできます。

 

僕は人生ってなんなのかな?とか、

頑張っても結局死ぬんだったら、何のために頑張るんだろうな?

とか、答えのないような、考え事をよくしていました。

それが好きというのもあると思いますが。

 

ただ、ずーっと考え事していて、ちょっと遠くから観てみると、

実際は何一つ、現実は前に進んでいないということに気付けました。

 

いまでもふと考え事をして、それに浸ってしまうことありますが、

しばらく頭のなかに残っているものがあると気付いた時には、

考えて意味があることなのか?変わらない、行動しない為に

考えごとしているだけなのでは?と自分に問いかける様にしています。

 

 そんなことまで考えさせられてしまう映画「ルーパー/LOOPER」でした。

 

ネタバレになりますが、、、

最後の台詞にこの映画の全てが集約されていて、

とってもまとまった終わりで良かったです。

 

その台詞とは、、

 

"Then I saw it. I saw a mom who would die for her son. A man who would kill for his wife. A boy, angry and alone. Laid out in front of him, the bad path. I saw it. And the path was a circle. Round and round. So I changed it."

*1

 

LOOPER/ルーパー (字幕版)

LOOPER/ルーパー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

「全て」を知ったらどうなるか

今週のお題「外のことがわからない」

 

みなさんこんにちわ^^

 

生きていると、正直分からない事だらけです。

体感、分からない事は99%。

分からない事すらも分からない事は99.99%。

 

ただし、分からない事=悪い事 ではないということを僕は言いたい。

 

そこで今回は「全てを知ったらどうなるのか?」という仮定で記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

結論、、

分からないのは素晴らしい事

 

全てを知るとはどうゆうことか?、、

全てを知るとなると、まず真っ先に思い浮かぶのは、周りの全ての人が頭の中で何を考えているのかが分かるという事。映画「ハート・オブ・ウーマン(原題:What Women Want)」を彷彿とさせる状況。人に何も聞く必要もない。全ての脳と100%つながっている状態なので、気になるあの人が自分の事を本当はどう思っているかも一瞬で分かるし、さらにどうすればその人が自分の事を好きになるのかという知識もすでに知っている。すなわち、思い描いた事を全て現実化する事が出来てしまうという事。

もっとシンプルに言うと、世界を征服している状態、すなわち自分=世界という式が成り立ってしまう。神。

 

全てを知ったらどうなるか?、、

人間は知らない事を追求したり、まだ手に入れていないものを手に入れようとして頑張ったり、大切な人を必死に守ろうとしたり、まだ見ぬ予想出来ない未来を見る為に生きている。そう、少なからず「不確実性」というものが生きる気力を持たせてくれているのである。全てを知るとその「不確実性」が消えてしまう。そうすると、「無」になると思う。「無」だと存在していないのと一緒、孔子の言う境地に立った様な状況。そして、結局は分からない状況に立つことが、生きる気力につながるということを再認識して、一周して、分からないことのすばらしさを味わうことになる。

 

結論、、

なので、分からない事は素晴らしい事!分からなくていいし、分からない状況だからこそ、もっと分かりたいという気持ちが生まれて、前向きに人生を歩めるのではないか。

かなり広く俯瞰した話になりましたが、これにて。

 

 

ハート・オブ・ウーマン(字幕版)

ハート・オブ・ウーマン(字幕版)

  • 発売日: 2016/01/26
  • メディア: Prime Video
 

 

投資って何の為にするの?

みなさんこんにちわ^^

 

今日は、投資をする理由について僕の見解を書いていきます。

 

「結論を先に言うと、今を安心して生きる為です。」

 

シンプルに考えるとお金を増やす為?って思うけど、

 

お金を増やす為だとしたら、

 

何の為にお金を増やすんでしょう?

 

お金っていうのは、単に手段にすぎないので、

 

じゃあ、例えば、1000万円あったとしたら、

 

何に使いますか?

 

使うものがなければ、1000万円あっても意味がないですよね。

 

何に使うのか?そこが重要です。

 

何かを達成する為に、お金を使うのはシンプルな解決策の一つです。

 

 

仕事は投資?

仕事って、自分の時間を投資して、お金を貰う事とも捉える事ができる。

 

遊びは投資?

遊びは、自分の時間を投資して、楽しさを得る事と捉える事もできる。

 

結婚は投資?

結婚は、お互いのコミットメントを投資して、一生の安心感を得る事と捉える事もできる。

 

未来の為?

明るい、より便利な未来の為に投資をする。教育やベンチャー企業に投資をすると、

より良い未来が訪れる。その為に投資をする。

 

結論

結局、投資とは見返りを求めて行う行為であり、

見返りがあるという安心感が得られるので、

今を安心して、他の事を考える事が出来る、

その為に投資をするんだろうと思う。

高尾山に居た蟻を見て思ったこと

みなさんこんにちわ^^

 

先日、高尾山でふと地面を見たら居た蟻を見て思った事、

 

について書いていきます。

 

結論から言うと、

 

この蟻の存在すらを知らずに俺は人生を終えた可能性が高かったという事、

そして、人に対しても同じことが言えるとなんとなく思ったのである。

 

 

どうゆう事かと言うと、

 

自分の視点というのは井の中の蛙にもほどがあるなということ。

人間の数だけで言っても、自分がみている世界というのは、

全体の70億分の1しかないということ。

 

その70億分の1の世界を「全て」だと思って生きているということ。

そのちっちゃな世界の中の悩みに左右されて生きているということ。

 

結論、

 

蟻という小さな存在を見て、世界のでかさを知った。

 

 

 

 

 

健康について

みなさんこんにちわ^^

 

健康について

 

失われて初めて気づくという言葉がある。

 

健康な時は、

 

少しくらいたばこを吸ってもいいだろう、

 

少しくらい睡眠不足でも大丈夫だろう、

 

少しくらいお菓子とか間食してもいいだろう、

 

と、、、

 

心を許してしまうもの。

 

そして、いざ、めっちゃ体調が悪くなって、

 

冷や汗が出てきて、頭がガンガンして眼も開けられない状態になると、

 

そこで神にも乞う気持ちで思う。。

 

「健康な状態に戻れるなら、もうたばこも間食もしません!毎日ちゃんと寝ます!」

 

そこから元の状態に戻ってくると、

 

人の笑顔が太陽に見える。

 

こんな笑顔もう二度と見ないかと思った状態を乗り越えると、

 

笑顔って素敵だなって心から思える。

 

で、2週間くらいするとまた、タバコ吸ったり、睡眠不足になったり、

 

ポッキーとか食べまくったりする。

 

失われて初めて気づくとはよく言ったものだ。

 

気付いたものも少ししたらまた忘れる。

 

そして忘れたころにまた失って気付く。

 

そんな繰り返しの人生を送っている。

 

でも毎回毎回、健康の大切さに気付かされて、

 

その思いは増している。

 

健康って大事。

 

健康第一で頑張ります。

 

Dallas Buyers Club

最後までお読み頂きありがとうございます☆