人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

体験こそ人生(おすすめ映画:Marriage Story)

みなさん明けましておめでとうございます^^

 

人は体験を求めている

 

 

人ってなんの為に色んな事をするんですかね。

 

色々なことしますよね。

 

宇宙に行ったり、

 

結婚したり、離婚したり、

 

家を買ったり、

 

人を褒めたり、

 

美味しいものを食べたり、

 

煙草を吸ったり、

 

人前でスピーチをしたり、

 

騙されたり、騙したり、

 

信じたり、信じなかったり。

 

仕事したり、仕事を休んだり。

 

旅行行ったり、本読んだり、映画観たり、音楽聞いたり、

 

ぼーっとしたり、

 

本当に色々な事しますよね。

 

なんでするのかなって、

 

全ては「体験したい」からだと思います。

 

体験したいっていうのは、意識的にではなく、潜在意識の部分でです。

 

今、この時点で見ている世界、それを見る為に

 

この瞬間を見る為に、この瞬間を体験する為に、ずっと生きてきた

 

っていう言葉を本で読みましたが、

 

確かにそのような見方もできるなって思います。

 

この今一人一人が見ている世界っていうのは、

 

その人が生きてきた過去がその通りでなかったら、

 

決して見る事のできない、かけがえのない世界です。

 

食べたパスタがあまり美味しくないなって今思っているのは、

 

過去に色々なパスタや色々な食べ物を食べてきた、

 

その人だからこそ感じている体験です。

 

過去のすべてがないと同じ体験はできないですよね。

 

今の瞬間見ている世界というのはその人の人生の集約であると言える。

 

そして同時に世界のすべての集約とも言える。

 

集約点が人の数だけ、観測者の数だけあるってこと。

 

何をやっても大丈夫だし、

 

やりたいこと、体験したいことがあるなら、

 

迷わずにそれに向かっていっていいんだって思いました。

 

全ては流れに沿っています。

 

何かやろうとしていて、

 

でも迷ったり、なかなか踏み出せなかったりする。

 

それも貴重な体験です。

 

踏み出せないでいる自分が経験していることは、

 

それはそれであなたが求めている体験だと思います。

 

それでいいんですよね。

 

それが嫌なら抜け出せばいいし、

 

嫌なのに抜け出せないなら、

 

抜け出したくない理由があるのだろうし、

 

それでも抜け出したいなら、抜け出す為に自ずと行動が生まれるだろうし。

 

でも、まずは終わりを思い描くことが大事です。

 

どうしたいのか、どうなりたいのか、どんな結果を自分はもとめているのか。

 

それが忠実に描けたら、次はなぜその結果が欲しいのか。

 

なんでか?を腑に落とせたらつぎはどうすればその結果が手に入るか?

 

Howが分かれば次はこれには自分の将来にとってどんな意味があるか?

 

意味付けをしたら、一歩目、今何をすればよいか?を自分に問う。

 

自分の将来にとって大きな意味があるなら、そして自分が本当に欲しい結果であれば、

 

自動的に一歩目を踏み出してしまうはず。

 

 

今年最初の映画は、今Netflixで話題の「Marrige Story」でした。

 

よくありがちなのかな?夫婦の離婚の過程を描いた作品。

 

もうお互いがWin Winになるにはどうゆう状態がいいかなって視点で観ると

 

エンディングが分かってしまうような内容だけど、

 

本人達はそれでも、そのエンディングに至るまでに全力で戦う。

 

泥沼の離婚劇を繰り拡げて、お互いの想いをぶちまけて、傷つけあって、

 

勝ち負けなんてないのに、勝とうとして。

 

俯瞰すると、このエンディングまでの全てを体験したかったんだろうなって思えました。

 

傷つけあうなんて普通に考えれば誰もしたくないことだけど、

 

潜在意識の部分では今までしたことのないこの体験を求めていたんじゃないかって思います。

 

安定だって体験です。

 

せっかくの人生なので色んなこと体験したいですね!

 

 

Marriage Story (Original Music from the Netflix Film)

Marriage Story (Original Music from the Netflix Film)

  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 


Marriage Story | Official Trailer | Netflix

最後までお読み頂きありがとうございます☆