人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

ホットショットって何?? ※英語の勉強

みなさんこんにちわ^^

 

梅雨終わったんですかね?50です。

 

映画を観て"hotshot"という言葉を知った

 

結論、ホットショットという言葉は2つの意味がある。

 

目次

 

1つ目

何かに特化して一流の人。例: chess hotshot = チェスがマジで強い人。

日本語で言うと、チェスのカリスマって言葉が近いかもしれない。

後は、もう少し規模が小さくても使われる。

学校のクラスで一番算数が得意な人の事を"math hotshot"と言ったりもする。

日本語で言うと、算数が一番得意な人って感じ。算数マスター。

hotshotは、インフォーマルな言葉であり、「算数の専門家」を表現する時には、

hotshotは使われない。それは"math expert"という言葉,「エキスパート」がフォーマルない言い方をしたい場合には使われる。

 

2つ目

山林火災専門の消防士。日本ではいない。山林火災、自然火災の多いアメリカでは結構いる様。hotshotの語源は、危険を顧みない人→何かにめっちゃ長けている人 というように意味が変化してきたみたいで、その中で、山林火災に長けている人たちのことをhotshotのhot(熱い)と掛けて、しっくりくるといったところで、hotshotの代名詞の様な形で山林火災専門の消防士の事を正式にhotshotと呼ぶ様になったと僕は推測する。

 

語源

そもそものhotshotという言葉は、

hotという言葉が入っているところからも、日本語でも想像しやすい。

例えば、「今○○がアツイ」みたいな感じで使うアツイという概念と、

hotshotのhotは似ている。

shotは「奴」みたいなイメージ。〇〇において今かなりアツイ奴。これが一番

しっくりくる僕なりの説明。

hotshotは単数なので、集団に使う時はhotshotsと複数形になる。

 

映画:オンリー・ザ・ブレイブ /Only the Brave

この言葉を知ったきっかけはズバリ, 映画「Only the Brave」を観てだ。

 実在するHotshot  Crewを題材にした映画で、

危険を顧みず、人々の命や町を守る為に命を捧げたあるHotshots達の話。

 

面白かったし、

途中で出てきた「木」を訪れたいと思わせられた。

 

この人達の存在はすごい。

自分の命以上のものを守りたい、そんなアツイ映画でした。

 

オンリー・ザ・ブレイブ(字幕版)

オンリー・ザ・ブレイブ(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: Prime Video
 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆