人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

【映画】Once Upon a Time in Hollywoodを観て

タランティーノの9作目の映画。

公開日が早めに仕事終われる日だったから、

20時からの回で観てきた。

 

あらすじ:1969年のハリウッドが舞台。栄光が過ぎたアクション俳優とその側近?のスタントマンを中心とした話

 

タランティーノの映画って「あるある」ってよりも、

そのキャラクターの「特有さ」に焦点を当てているから

コアさがあって、本当にタランティーノ本人が作りたい映画な~!って思う。

 

レオナルド・ディカプリオとブラピの初共演作品ってこともあり、

それだけでも僕にとっては観る価値のある作品だった。

 

豪華過ぎるし、どんなシナジーが生み出されるんだろうって考えるだけでワクワクした。

役的にはブラピがレオディに寄生している感じなんだけど、

ブラピもいい味出しているから、下って感じはなくて対等な感じがして、

いいコンビだなって思えた。

 

演技もめちゃめちゃすごいな!って思ったシーンが二人ともあって、

ブラピはLSD漬けのたばこを吸ってラリッった演技がすごくて、、

レオディは台詞忘れた自分に対してブチギレしているシーンがすごかった。

お互いの代名詞とも言える演技だな~って。

 

ブラピはぶっとんだ感じの役をよくやるし、

レオディは怒る演技をよくやってるから、

からしっくりくるというかすごいな~って感じた。

 

世界観、役の中身、キャラクター、

すごい作っていてタランティーノは楽しいんだろうなって。。

だって観ていてその楽しさガンガン伝わってくるから。

 

また肩の力抜いて観てみたいって思った作品でした。。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆