人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

外国人に日本語教えたい

みなさんこんにちわ^^

 

新しい言語を習得する方法というテーマでお話していきます。

 

結論、

まずは得意技を3つ習得する

 

僕は、日本語と英語を習得している。

新たにタイ語を習得中という感じだ。

 

新しい言語ってなかなか覚える事が出来なくて、苦労する人多いのではないだろうか。

 

どうやって新しい言語に挑んでいくか、

僕の経験上得た一つのメソッドをお伝えできればと思う。

 

■得意技

格ゲーなどやったことある人なら分かり易いと思うが、

 

一つ自分の覚えた技があると、それをまずは使いまくる。

 

まずはその一つの技で全ての状況を打破しようとする。

 

限界を迎えたら、補えるように違う技をまた覚えていく。

 

そうやって、一つをまずは身に染みるまでやり続けるって、

 

何かを習得するのにすごくいい方法だと思う。

 

分かり易く言うと、得意技→広げていく→応用。

 

■例えば、

タイ語で僕が一番最初に覚えた台詞は、

マイ ペッ マイ ギン。

気に入ったから覚えた。最初は好きな格言でも好きな台詞でも、

なんか好きな言葉がいいと思う。

マイ ペッ マイ ギン の解説をすると、

マイ>no  ペッ>辛い マイ>no  ギン>食べる

 

勘のいい方なら分かったかもしれないが、

これはタイ人なりの、no money no life みたいな。そんな言い回し。

「辛くない、食べない」 って意味なので、「辛い物しか食べない」という意味になる。

レストランで伝えれば、辛い物持ってきてくれるし、辛くしてくれる。

 

面白い台詞だし、この台詞だけからでも多くのこと学べる。

noって言いたいときは、マイって言えばいいし、

ペッ?って聞けば辛い?って聞けるし、

ペッ!って言えば、辛い!って言えるし、

ギン?って聞けば、食べれる?って聞ける。

 

後は、チャイがyesなので、それで言える事が倍になる。

 

一つの得意技台詞を習得することで、そこから拡げていくことが出来るし、

一つから始めれば、一気に言葉を覚えていくより、「自分にもできるぞ」という

自信がつくことが何よりも心強い。

 

ちなみに、英語で始めた台詞は、

父から教えて貰った、"Don't bother me”笑

 

小学校1年生の時、父がアメリカに転勤になり、一緒についていった僕が

初登校する日の朝に、何かされたらこれを言えばいいよと教えてもらった台詞。

 

本当はもっとフレンドリーなポジティブな言葉教えて欲しかったけど、、

まあ、父なりの心配というか優しさというか、今となったらいい思い出だ。

 

■外国人に日本語教える時

ゼロの状態から日本語教えるって、

教えることが膨大にありすぎて、どこから始めればいいか分からなくないですか?

 

そんなときは、相手の好きな台詞をまず3つ日本語で覚えてもらう事から始めるのがいいと思う。

 

一つの台詞を覚えて使いこなせるだけでも、

そこにはめちゃめちゃたくさんの基礎が含まれている事が多い。

 

で、その覚えた台詞を一週間、あらゆる場面でつかいまくってもらう。

 

で、一週間後、更に新しく3つ、使いまわしのきく台詞を覚えてもらい、

 

次の一週間でそれを使いまくってもらう。

 

そんな感じで英語教えていけたらいいな。

 

試しに誰かいないかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆