人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

行動とは現実を動かす行為

みなさんこんにちわ^^

 

梅雨終わったんですかね?50です。

 

どこに向かって進んでいっていますか?

 

前向きさと現実を兼ね備える。

 

 

想像してみてください、、、

 

あなたは部屋の入口に立っている。

 

奥に向かってゆっくり歩いていくと、そこには大きな箱がある。

 

あなたは箱の中を覗き込む。

 

そこにはなんと、死んだあなたが目を閉じて横たわっている。

 

そう、これはあなたのお葬式。

 

 

棺桶の周りにはどんな人達がいるだろうか?

 

また、その人達はあなたの事をどう思っているだろうか?

 

あなたはどんな人生を歩んでその箱に辿り着いたのだろうか?

 

棺桶の中で横たわっているあなたは、今のあなたの事を見てどう思うだろうか?

 

 

一つだけ言えるのは、そこにはいずれ誰しもが辿り着くということ。

 

終わりを思い描くことから始める。

今この瞬間のあなたを本気で生きる。

 

今、この瞬間の自分と、終わりの自分を見比べてみる。

間には何が広がっているだろうか?

 

想像してみる。

そして思い立ったら即行動。

行動とは現実を動かすという行い

自分を動かすことで実は現実を動かしている。

現実は変えてしまってもいい。

誰しもが現実を変えていっていいという自由を持ち合わせている。

 

現実を終わりや目標に近づけていく。

 

現実が変わっていくのを楽しむ。

季節が移り変わり楽しむ様に。

 

また、同じところに戻ってきてしまうかもしれない。

でもそれは同じに見えるだけで、全く同じではない。

螺旋階段の一つ上の段にいるイメージ。

 

blog.50worlds.com

 

何回も何回も同じ場所に戻っても、

それでもすこしづつ上に向かって登っている。

 

一見、全く進んでいないと思う事でも、実は前に進んでいっているという事で、

映画「ボーン・アイデンティティ」を思い出した。

 

 主人公のジェイソン・ボーンは、記憶を失い、記憶を辿って自分が何者なのだったのかを探りにいく。

こんなのどう見ても、過去を探しに行くだけだから、何も進んでいないように見えるけど、ジェイソンはめちゃめちゃ変わっていく。

 

ふと過去の自分を振り返ってしまったり、

あの頃の自分は輝いていたなと思えたり、

過去の栄光にすがってしまっている時ある。

 

でも、だから、今の方が劣っているということではない。

その経験を積んだ今の自分がいる。

 

体が思う様に動かなくなってしまったからと言って、

単純に人生が詰まらなくなってしまう訳なんてない。

 

何度も何度も原点に立ち返り、

その都度、原点の見え方は変わってくる。

 

生まれる前は死んでいた。

また、生まれる前に戻るだけ。

 

来てから戻るまでに何を変えていくか。

あなたの行動でのみそれを変えることができる。

 

ボーン・アイデンティティー (字幕版)

ボーン・アイデンティティー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆