人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

【インスタグラム】リピーターを増やす方法を解説していきます

みなさんこんにちわ^^

 

前回に引き続き、インスタグラムについて解説していきたいと思います。

僕が通っているオンラインスクールで学んだ事のアウトプット記事です。

実際に僕がお金を払って学んでいる内容であり、包み隠さずお伝えできればと思います。(許可得てます)

 

<前回の記事> 

sekainomikata.hatenadiary.com

 

今回は実際にインスタグラムを利用してリピーターを増やす方法を詳しく

解説していきます。

 

結論からお伝えすると、大きく分けて下記2点です。

・お客様との関係地を高める

・幸福・知識・努力にまるわる投稿を毎日する

 

始まりはうどん屋のおばちゃん

味もいいのにお客さんの集め方がわからないって人たくさんいますよね。

東村山にあるうどん屋のおばちゃんもそうでした。

美味しいのに、商店街のはずれにあるからお客さんがなかなか来ない。

広告を打つお金もない。どうすればいいのか。。

 

そこで考えられたので、インスタグラム集客。

おばあちゃんでも簡単に自分で行えるインスタグラムを使った集客方法。

 

ちらしとか、CMとか、他の広告においての弱点は、

「ターゲッティングが出来ない」ということ。

手間とコストがかさんで不効率なマーケティングになってしまう

 

ターゲッティングを絞り込むのに専念したシステムが開発された。

(これは月々数千円と有料)

SNSはデータの宝庫。色んな情報がある。

WEBからとれるデータもある。位置情報、閲覧履歴、クッキーなどから。

 

SNSとWEBが今まで分かれていたデータを合わせた。

そのデータを使ってどう集客するか?

 

まずはターゲットを絞る

ターゲットは6種類の要素で分けられる

・性別

・エリア

・頻度

・年代

・コミュニティ

・興味

 

アパレル店の人であれば、

#ファッションで投稿している人にターゲッティングしたいが、

それは8割にして2割は違うキーワードにターゲットする。

それで比べる。人工知能学習が勝手にやってくれる。

 

渋谷に月2回以上来る:132万人

>18~35歳の女性:72万人

>#おしゃれなカフェ:15万人

 

あなたが渋谷のカフェのオーナーであれば、

この渋谷に月2回以上くる18~35歳のおしゃれなカフェ好きな

女性たち約15万人がターゲットとなる。

 

Screen

Control

System

 

Iphoneを数千台用意して実際に自動でスクリーンを動かしてやっている。

 

 

リピーターを増やす方法

集客において、リピーター対策が一番重要です。

 

料理屋さんにおいて、実際に料理が本当に美味しいから来ている人っていうのはほとんどいません。美容院も、なんとなく美容院を換えてしまう人が8割くらいいます。

これらの事実を鑑みると、技術とか味とかはある程度を超えればそれ以上は求められておらず、きっかけさえあればある程度の水準のサービスが提供できればお客さんを獲得することができるということです。

 

そして、どんなビジネスでもリピーターを獲得するのはインスタを使えば結構簡単。

 

タグ付け、ハッシュタグをしてくれた人をエクセルなどでリスト化しておいて、1か月に1度ほどのペースでその方の投稿やストーリーにコメントにビジネス感ゼロのコメントをしていく。

そうすると、、、、

・投稿が見られやすくなる。

・ストーリーを見てもらいやすくなる。

・継続てきに忘れられない。

=リピーターにつながる

 

来店してくださったお客様には、ラインの交換とかではなく、

インスタグラムをフォローしてもらい、

そのお客さんのアカウント名をエクセルで管理する。

来店日とアカウント名で。

 

DMすることによって、ストーリーが左に着やすくなる。

インスタグラム上でのアルゴリズムで関係値をあげてくれる。

継続的に見てもらえれば忘れられない。

エンゲージメントが大事。タグ付けしてもらったり、

ハッシュタグしてもらった人に自分からコメントして関係値を高める。

インスタが関係地を高めれくれれば、自分の投稿が上にでてくる。

 

21日間のインキュベートの法則

人は同じことを21日やれば苦痛がなくなるので、まずは21日間続ける。

 

ストーリーを毎日やっていると相手から忘れられなくなる

 

そしてオフラインへの誘導が大事

インスタで全くもって知らない人でも

その人の投稿をずっとみているとなんだか心理的に親しい感覚になってくる。

イベントにお客さんを巻き込んでいく。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆