人生とは?

映画を活かしてより豊かな人生にしていくブログ

人生に谷は必要か(映画:アザ―フッド 私の人生)

人生山あり谷あり

 

人生に谷は必要なんですかね。

 

絶対に必要だと思う。

 

喜怒哀楽ってゆうし。

 

喜と楽のみの人生を送った人なんて一人もいないんじゃないかなって思う。

 

生まれてきたらまず泣くし。

 

苦しみを知らない事はある意味苦しいし。

 

悲しみを知らない事はある意味悲しいし。

 

谷は絶対に必要。というか絶対に在る。

 

谷が訪れない訳がない。

 

なーんにもしなければ谷はないかもしれない。

 

どんなことでも何かすれば谷はある。

 

人生、何かはするし、だから谷もある。

 

そして谷は必要。

 

谷があるから山がある。

 

色んな山があって、どれを上るか自分で決められる。

 

谷にいるからこそ登れる山がある。

 

谷にどんな意味をもたせるかが重要。

 

谷にいるときに己に何を問いかけるかが重要。

 

谷にいるときに先に何を見つめるかが重要。

 

谷にいるからこそ見える景色がそこにはある。

 

谷にいる時は不安もあるけど、

 

山はそこにある。

 

山はどこにも行かない。

 

どれを登るか決めて、一歩ずつ歩んでいく。

 

山はどこにも行かない。

 

そこに山を見るのは自分。

 

登るのも自分。

 

谷で暮らすも、3合目で暮らすも、登り続けるも自由。

 

俺は登る。

 

 

アザーフッドの人生(原題:Otherhood)って映画を観たけど、

 

とっても良かった。

 

母3人ともう大人になった息子3人とその周りの人達の、

 

みんなの人間関係の話で、

 

登場人物達が最初と最後で一緒だけど、

 

最初と最後では関係性ががらっと変わっていて、

 

最後は淀みがなくなって透明で澄んだ関係性になっていた。

 

最初はなんかぐちゃぐちゃでみんながそれぞれどこか淀んでいる。

 

それぞれに本気で関わった結果、

 

関係性は一度更に悪化するのだけど、

 

それは良くなる過程で必要な事だった。

 

先の不安を考えずに一歩踏み出す勇気。

 

飛び込む勇気。

 

その一歩が現実をがらっと変えた。

 

その一歩って誰にでも今目の前にあるよなって思った。

 

僕にもまだ踏み出していないその一歩がある。

 

その一歩が現実を変える。

 

良かったら見て感想ください^^

 


OTHERHOOD Trailer (2019) | Angela Bassett, Patricia Arquette, Felicity Huffman Movie

 

 

Otherhood (English Edition)

Otherhood (English Edition)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます☆